豆知識

話題の『アマビエ』妖怪ご存じですか??

「肥後国海中の怪」(アマビエ)京都大学附属図書館蔵

妖怪ファンには知られた存在でしたが、新型コロナウィルスの沈静化を願う人々による「アマビエチャレンジ」によって一躍有名になりました。

人知を超えた存在である妖怪たちには、「予言獣」と呼ばれるものたちがいる。人間の前に忽然(こつぜん)と姿を現し、これから起こるであろう災厄を予言し、それを避ける方策をも示す――妖怪でありながら、人への親切心も持ち合わせているのだ。アマビエも、この予言獣である。江戸時代に疫病の流行を予言し、さらに病気が流行した際には自身の姿を描き写して人々に見せるよう告げ、姿を消したといわれる予言獣「アマビエ」。

 

「我こそは、アマビエと申す者なり。当年より6年の間は、諸国で豊作が続く。だが疫病もはやる。だから我の姿を絵にして描き写し、人々に早々に見せよ」時は江戸時代、弘化3年(1846年)、肥後の国(現在の熊本県)で、ある日の夜、海中に光る生物が現れた。役人が赴いて様子をうかがう。すると、その半人半魚の生き物は、こう言って、海の中へ去っていったという。

 

「アマビエ」の絵姿を写し、それを見ることで流行病から免れることができる。海中の怪物が江戸時代末期に発したメッセージは、現在の私たちの最も切実な願いと重なっています。SNS上には、コロナ終息の願いと共に「アマビエ」のイラストを投稿する人々が続出しネットを通じて瞬く間に拡散されています。

私のお友達も新型コロナウィルス終息を願い、【疫病退散】として『アマビエ』妖怪のハンコをお願いして沢山作って貰ってました。メッセージカードに添えるのも良し、マスクに押してお守り代わりにするのにも良し・・・早く普通の日常に戻りたいと切に思います!!

  • ABOUT ME
    aya
    仕事柄&多趣味が高じて色んな資格を持っています♪冬の休日は、スノーボードのインストラクターをしています☆彡最近はオフトレにスケボーもしています(*^^)v