IT

ありがとう「CentOS Linux」そして「CentOS Stream」て何?

無償のLinuxディストリビューションとして大変お世話になっていました「CentOS」にこのところ大きな動きがありました。

2020年12月8日

  • 「CentOS Linux」は2021年末 開発とサポートを終了と発表。
  • 今後は「CentOS Stream」に移りRed Hat Enterprise Linuxのアップストリーム(開発)ブランチとして機能するとのこと。

2021年1月5日

  • CentOS Linux 9はリリースされません。
  • CentOS Linux 8ディストリビューションのアップデートは、2021年12月31日まで継続します。
  • CentOS Linux 7ディストリビューションのアップデートは、従来どおり2024年6月30日まで継続します。
  • CentOS Linux 6ディストリビューションのアップデートは、2020年11月30日に終了しました。
  • CentOS Stream 9は、2021年第2四半期にRHEL 9の開発プロセスの一環としてリリースされます。
  • CentOS Stream 8ディストリビューションのアップデートは、RHELのフルサポートフェーズを通じて継続します。

これからも「CentOS Linux」の継続利用を考えている者にとって開発とサポートの終了は予想だにしておらず、CentOS8のサポート期間が従来通りの10年間とみていたのに今年末になったことに焦りを感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。そして新しく紹介された「CentOS Stream」の登場に不安を隠せません。

CentOS Stream

Red Hat FAQ を読みますと、RHELの実稼働レベルの安定性との中間の開発プラットフォームの位置付けとされており、RHELの次期リリースの開発動向に対する早期のアクセスを提供できるとされています。このことは利用者にメリットもある一方、これまでの安定志向から開発寄りとなることに不安を感じているユーザーの声もあるようです。サポート期間についてはRHELのフルサポートフェーズ(約5年間)と同じとなりそうですが、その後のメンテナンスフェーズ(さらに延長5年)も付いてくると考えてよいのか読み取れませんでした。

「CentOS Linux」次期バージョンの選択肢

様々な選択肢があるとは思いますが、Red Hat FAQ に載っているものを拾ってみました。

  • CentOS Stream
    前述したように「CentOS Linux」とはデストリビューションの位置付けが変わりましたが無償で利用できます。今後詳しい情報が出てくるものと思われます。
  • Fedora Linux
    先進機能を開発・テストするディストリビューションとして位置づけられているFedora Linuxは従来通りです。安定性とサポート期間(1年程度)を考えると本番環境で使用するには難があります。
  • RHEL
    FAQには「CentOS Linuxを商用環境で使用する皆様は、RHELへの移行を検討することをお勧めします。」とあります。

    Red Hatとしては安定性・長期サポート期間を持つ有償のディストリビューションへの乗換えを推進しているのは当然だと思います。
    開発者向けにRHELの利用を容易にするプログラムを間もなく導入する予定ともあります。
    →2021年1月20日 開発者向けサブスクリプションサービス「Red Hat Developer」プログラムを改訂し,シングルマシン/ユーザに限定している「Red Hat Enterprise Linux(RHEL⁠)⁠」の無償利用を最大16システムまで拡大することを発表。

  • その他のディストリビューション
    ポストCentOSを目指す「Rocky Linux」なる新しいプロジェクトも立ち上がっているらしいですが今後の展開は未知数。個人的にはAWSならAmazon Linuxかな、Ubuntuのサーバー運用は不勉強なので乗換え課題は正直見えてないものばかりです。

 

  • ABOUT ME
    tubogo
    自己紹介:SE歴18年、儲からない事ならいろいろかじってます。