IT

ビーラボからエクスポートした顧客データを Excel で開く方法

今回は、弊社ソフト「ビーラボ」の中からひとつ、抽出した顧客データの取り扱いについて書いていきます。

ビーラボの顧客データベースは「DM発行」機能で部分的にCSV形式のテキストファイルに出力することができます。

CSV形式のテキストファイルは、どのパソコンでも開くことができるテキストデータで、CSVファイルとも呼ばれます。

CSV形式のテキストファイルは独自編集が可能です。たとえば、年賀状やはがきの宛名印刷ソフトに取り込んだり、Excelなどの表計算ソフトに取り込んだりして使われることがあります。

CSV ファイルを Excel で開く方法

本サンプルシナリオでは以下の環境で動作を確認しています。

動作環境

・Windows10
・Microsoft Excel 2016

ここではビーラボのDM発行機能から出力したCSVファイルがあるものとします。

以下、Excelの操作となります。

  1. データタブの「テキストまたは CSV から」をクリックします。
CSVファイルをダブルクリックで開くことはおすすめしません。

CSVファイルをそのままダブルクリックしてExcelを開くことは可能ですが、自動的に一部のデータが意図しないかたちに変わってしまうことがあります。

  1. データの取り込みの画面が開くので、CSVファイルを選択して「開く」ボタンをクリックします。

  1. 上記

    1. で開いたCSVファイル名の画面が開き、CSVファイルの中身が表示されます。

    「元のファイル」のドロップダウンリストが「932: 日本語(シフト JIS)」になっていることを確認したうえで「データの変換」ボタンをクリックしてください。

文字コードが異なると文字化けしてしまいますのでご注意ください。ビーラボで出力するCSVファイルは「シフトJIS」という文字コードで作成されます。

  1. PowerQuery の画面が開き、取り込まれたCSVファイルの中身が表示されます。

  1. 「住所2」フィールドをクリックします。
「住所2」フィールドのデータ型を「日付」のまま取り込むと日付に変換されるため、住所の丁・番・号が日付に書き換えられてしまいます。

Excelでは入力されたデータから、フィールドの書式を自動的に設定する機能が備わっています。たとえば「9-11」や「9-11-2」のような入力値を日付と解釈してしまうため起こる現象です。

  1. 「住所2」フィールドのデータ型として「テキスト」を選択します。

  1. 列のタイプの変更の画面が開くので「現在のものを置換」ボタンをクリックします。

「住所2」フィールドのデータ型がテキストに置き換わり、日付とみなされずに文字列として取り込めたようです。

  1. 「閉じて読み込む」ボタンをクリックします。

Excelが開きます。ワークシートにCSVファイルのデータを読み込むことができました。

  1. 「F12」キーで名前を付けてブックを保存しておきましょう。

マウス操作の場合は、「ファイル」メニューから「名前を付けて保存」をクリックしてください。

以上、今回はビーラボから出力したCSVファイルの取り扱いについてでした。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME

oki
主に保守、運用業務に従事しています。