IT

Wi-Fi規格のおさらい

ここ最近のWi-Fiの規格を復習も兼ねてまとめてみました。

現在、普及が始まってきている「Wi-Fi 6」は6番目(第6世代)となるWi-Fiの規格です。そのような呼び方をされる前は「IEEE 802.11ac」などと後ろのアルファベットで世代を表していましたが「Wi-Fi」規格の新旧をよりわかりやすくするためにWi-Fi Allianceという団体が6番目のWi-Fi規格「11ax(IEEE 802.11ax)」を「Wi-Fi 6」と呼ぶことにしたそうです。これまでのWi-Fi規格を簡単に並べると次のようになります。

世代 呼称 Wi-Fi規格名 最大通信速度 周波数
第6世代
(2019年)
Wi-Fi 6 IEEE 802.11ax 9.6 Gbps 5 GHz
2.4 GHz
第5世代
(2013年)
Wi-Fi 5 IEEE 802.11ac 6.9 Gbps 5 GHz
第4世代
(2009年)
Wi-Fi 4 IEEE 802.11n 600 Mbps 5 GHz
2.4 GHz
第3世代
(2003年)
  IEEE 802.11g 54 Mbps 2.4 GHz
第2世代
(1999年)
  IEEE 802.11a
IEEE 802.11b
54 Mbps
11 Mbps
5 GHz
2.4 GHz
第1世代
(1997年)
  IEEE 802.11 2 Mbps 2.4 GHz

当然新しいものになるほど通信のスピードがアップし性能が良くなります。Wi-Fi 6では最大通信速度が9.6 Gbpsとかなり向上しています。また、接続する機器の数が増えたときにも混雑を解消する仕組みがあるそうです。さらに、Wi-Fi 6の親機から子機への通信を調整することで、信号の待ち受けを必要としない子機の通信機能をスリープ状態にすることで、消費電力を抑えられる仕組みもありバッテリー消費を抑えられるそうです。
Wi-Fi 6は下位互換性を持つため、Wi-Fi 6に非対応なスマートフォンやタブレットの接続は可能ですがその場合、Wi-Fi 6の性能は発揮されません。

次世代規格「Wi-Fi 7」の実用化は2024年か

さらなる性能の向上が見込まれる次世代規格「IEEE 802.11be」の策定が進められ、これが予定通り2024年後半に実用化されることになれば、「Wi-Fi 7」に指定される見込みだそうです。

  • ABOUT ME
    tubogo
    自己紹介:SE歴18年、儲からない事ならいろいろかじってます。